読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オヤジの改善日記

団塊ジュニア世代が、愚痴ったり、暴れたりします。

ジオン注射法

年末頃、

長年持病のいぼ痔が悪化してしまい、出血するようになってきた。

 

クリニック受診したところ、いぼ痔だろうけど、念のため大腸内視鏡をやった上で、方針を考えるということになった。

 

人生初の大腸検査。

胃カメラは慣れっこだったんですが、

大腸は結構辛いですな。

 

なにより前日からの下剤服用がまず辛い。

更には当日朝の下剤一升ってのが、マヂ大変。

 

そもそもお通じいいタイプだから、余計にね〜。

 

で、結果大腸は問題なく、いぼ痔の方の処置方針に進む。

 

日帰り手術を考えてるので、

まず注射(アルミニウムとタンニン)で、痔を縮小させて、後日切除という事にあいなった。(注射だけでも治るが、4%ほど再発率が高いらしい)

 

という事で注射を受けてきた感想。

 

オペ当日の朝のみ禁食。

とりあえずポカリ飲んでおく。

 

診療所に入ると、ソッコー案内され、

ナースに下剤の座薬を挿入される。

 

コス属性ないんですが、マスク効果も含め篠崎愛風のナースに座薬入れられて、

おれのM心に火がついちゃった(笑)

 

続いて心電図、両手と両足に金具、胸周りには吸いつくセンサー、

あー、、あいちゃんもうおれをめちゃめちゃにして〜、な気分になったところで、薄ーい感じのメガネナースにチェンジ。

テンションだだ下がりのままライン取られ待機。

 

しばらく待って手術室へ移動。

あいちゃんカモーン、というおれの期待むなしくオバちゃん看護師に、

ドナドナ風に運ばれていきました…

 

ここからが本番、羞恥プレイのコーナーです。

 

まずうつ伏せで、

下腹部に枕を入れられ、

お尻をあげられます。

バックで犯される体制完了(笑)

 

そして、麻酔開始です。

お尻のワレメの上の骨っぽくなってるあたり、

そこに麻酔薬を10cc注入〜。

最初チクっと、後からじんわり痛い。

 

そこからお尻の固定をします、とナース達が動き出す。

な、なんと接着テープで、おれの尻たぶを強力な力で、

左右に引っ張って固定し始める。

 

完成した時、俺は腰を浮かせ尻穴を全開にしているあられもない姿だった。

その頃には麻酔も奏功し、

お尻全体が鈍くなっていた。

 

麻酔の効きを確認した後、いぼ痔をよく見れるように、肛門の拡大器を挿入される。

 

Dr.入室、1分くらいで終わりますからね〜との話。

感覚がない肛門周りに、

4回ずつ、注射していく。

痛みはほとんどない。

ほぼ1分で終了。

後はナースに、股間周囲を清掃してもらって、ケツにガーゼ貼られて終了。

麻酔覚醒待ちで30分ほど回復室にいて、終了でした。

 

費用は2万円ほど。

検査食みたいなのを一日食べてくださいと言われた。

 

まあ、無視してラーメン屋行っちゃったんですけどね。

アルコールは5日は禁止。

激しい運動禁止、だそうな。

 

術後症状はそんなに感じない。

痛みもない。

ただ、ちょっとうんちするの不安…

痛いって聞くからさ。

 

で、さっきしてみた。

軟膏塗ってるせいか、スルッと出たわ。

痛みも硬いウンチの時くらい。

全然余裕だね。

 

 

総括。

痴女専門店のプレーの片鱗が味わえます。女医だったらもう少し盛り上がったかなぁ…(笑)

 

次の日から効果はすぐ出てくるそうで、楽しみです。

 

海外旅行や筋トレ、山登りなど、

懸念していた問題が解消されたので、

GWか夏休み、どこ行こうかなぁ〜。

もう長時間フライトでも全然オッケーよ、俺(笑)